FAQ

Q: CECTRUST/CECSIGNはどんなサービスですか?
A: 企業間の電子契約書などの交換、保管等を行うために、CEC.COMが提供するインフラサービスです。
CECTRUSTは電子文書の流通/保管/原本性証明等を行うサービスです。
CECSIGN認証サービスは電子証明書を発行するサービスです。
Q: 印紙税削減とありますが、具体的にはどういう事でしょうか?
A: 電子契約では印紙税法上課税対象ではなく、印紙が必要ありません。
Q: 利用申込みから利用開始までどれくらいの時間を要しますか?
A: 利用申込から概ね2週間で、CECTRUSTが利用可能です。その間に電子証明書を取得します。
Q: 電子契約に用いるファイル形式に制限はありますか?
A: PDF形式のみです。
Q: CECTRUSTでは、他社の認証サービスの電子証明書が利用できますか?
A: 提携認証局の電子証明書は可能です。詳しくはヘルプデスクまでお問合せ下さい。
Q: 人事異動などの場合はどのような手続きが必要ですか?
A: 電子証明書については、本人が異動した場合、証明書への記載事項が変わるため失効申請が必要になります。失効申請すると、2〜3日後に失効され、電子証明書が利用できなくなります。新任の方に証明書が必要である場合は、新規に申込が必要になります。
CECTRUSTについては、利用者が異動した場合は、利用者変更の申請が必要になります。
Q: 電子証明書格納媒体に、なぜeToken(イートークン)を推奨するのですか?
A: 電子証明書を安全に格納するために必要です。また、USBポートに差し込むだけで使用できますので、ICカードのようにICカードリーダを購入する必要がない点も大きな特長です。
Q: 経営事項審査の際、電子契約の場合はどのような対応になるのでしょうか?
A: 国土交通省及び地方整備局等に確認したところ、電子契約の案件については原本の出力コピーでよいとのことです。この扱いについては、都道府県等に周知済みとのことです。