CIWEBトップ
サービス概要
サービスの特徴
操作画面イメージ
企業登録について
企業登録
自動振分機能
CIWEB内訳明細編集ソフト
ご利用料金
ご利用手続きの流れ
お申込み
取引先追加接続申込
登録情報変更依頼
リンク集
導入事例
発注企業の方へ
FAQ
企業登録方法

CIWEBの利用登録には、全社一括で登録する方法と、組織(支店・営業所等)別に登録する2つの方法があります。

1.全社一括登録

  • 標準企業コード注)と電子証明書は、利用企業で1つになる。(企業IDが1つ)
  • 発注者は、全ての発注データを1つの標準企業コードに送信します。

2.組織別登録

  • 標準企業コードと電子証明書は、組織毎に取得し、あたかも別々の企業と認識される。(企業IDが複数)
  • 発注者は、登録した組織別に発注データを送信します。
  • 組織別登録を利用する場合は、発注者の運用に影響するため、事前に発注者との合意が必要となります。

3.登録方法の比較

注)
  • 標準企業コードとは:

      標準企業コードは、企業識別コード(6桁)と枝番(6桁、任意)で構成される。
      CI-NETを行う場合には、これに対応した電子証明書が必要となる。 なお、企業
      識別コードは、利用企業毎に決定される。

  • データの振分け方法
    複数のユーザIDで利用する場合、発注者から受信するデータを各ユーザIDで処理
    できるように、データを振分ける必要がある。
    振分ける方法としては、
    @発注者からのデータを判別して、自動的に該当ユーザへ振分ける方法
    A一度全データを企業管理者受け取り、その後該当ユーザへ手動で振分ける方法
    がある。
    基本は、@の自動振分けで、そのためには、発注者のデータに自動で振分けられる
    特徴が必要となる。

  • 登録後の登録方法の変更:

      一旦、全社一括登録や組織別登録でご利用後に、登録のタイプを変更する場合、
      それまでご利用になられたデータの移行は行いません。